Welcome to my blog

「二元性を超越した、ホログラム」と、相対性理論☆ 

milagros*

milagros*

Albert Einstein_1

   







今。。。 徹底したメディテーションに加え、更に周波数を上げるべく、つまらない「 二元性意識 」や、 
「 時間と空間の意識 」 と戦っているのだけれども。。。 

うーん。。。 人間って想像以上に、西洋科学的遺産の産物であるなぁ・・・って、つくづく、思うのよ。。。 

もはや、考え方の基本も、自己認識の多くも。。。 物理学者が、物理宇宙を説明する時と同じ、化学
的モデルを基準にしており、それが凄くね、修行の邪魔になるのよね。。。  

ここを上手く、クリアしないと、別の周波数を持つ波動を出せないので、どうにか、その洗脳を解いて、 
新しい世界観を構築し、具現化させたいのだけれども。。。  

早くから、東洋の宗教思想に染まってきた私でさえも、やはり、大部分では未だ、ニュートン物理学に
支配されており。。。 

故に、脳みそは頑として、我々の肉体は、固形の物体である、という認識への執着から離れてくれな
いし。。。 その為に、エネルギー体としての自己の認識に没頭するのが、非常に難しく、  

出来れば、肉体という、魂の乗り物については、完全に意識から消し去ってしまいたいのだけれども、
それが、上手く行かないのよね。。。   

もう、脳みそ、めっちゃ、ニュートンやん。。。  

なんか、ニュートンさんには申し訳ないけれども。。。 ニュートン力学は、スピの敵だわ、本当に。。。 
そりゃ、世界は固形で、不変のものと思いたい、エゴ人間には、都合良いかもだけど、  

アインシュタインと共に、エネルギー世界に生きている者にとっては、電気システム以外の殆どが、 
ニュートン方式で成り立っている事実は、甚だ、迷惑な訳です。。。 

故に、直線的な、縦の時間軸から、完全には抜けきれないし、そうすると、機械的な毎日を送る、 
無意識サイボーグのようになり、修行者にとって大切な、「 内なる経験 」 の邪魔なので。。。 

陽子と中性子の核の周囲を回転する電子とか。。。
そもそも、宇宙は、それで出来てる訳じゃないしさぁ。。。 

マイケル・ファラディや、ジェームズ・クラーク・マクスウェルの、「 フィールド理論 」や、 
我らのアインシュタインの理論に、意識を集中し。。。 

どうにか、脳みそから、ニュートン君を追い出そうと、今、必死なのよね。。。 

せめて、肉体が固形である、という概念を、潜在意識レベルから完全に消せたら、一気に、周波数 
を上げられるのだけれども。。。   

生活の大部分は、やはり、肉眼を使って、モノの認識をしてるので、どうしても全てが固形に見えちゃうし、
それだけに、潜在意識から飛ばせる周波数に、限界があるのよね。。。 

なので、なるべく、霊視モードで過ごすか、もう、目を瞑って生活してるのだけれども。。。    
盲人の五感が、異様に研ぎ澄まされる意味が、よく分かりますね。。。 

やっぱり、肉眼での目視がない世界の方が、より、感覚が拡張されます。。。  
無論、私にとっても、そちらの方が、遥かに、居心地が良いのだけれども。。。  

仮に目を瞑ってても、脳みその中に、情報としてのニュートン君がいますからねぇ。。。  

というか、脳みそに情報が蓄積するって考え自体も、実は、エネルギーの世界では、間違った認識 
なので、如何に、ニュートン君に毒されているか、なのよね。。。 

だって、その考えは、心理学的に言うと、エゴとも結びつきやすい理論なので、基本、スーッ と入り 
やすいのよね。。。 人間にとってはね。。。  

その証拠に、逆に、相対性理論は、分かりにくかったりするでしょう?  
だって、その考えは、エゴにとっては、不利な教えですしね。。。 

勿論、一部の誤ったキリスト教にとっても、アインシュタインさんは、煙たい存在でしょうし。。。 

聖書が、実は、時空連続体と密接な関わりがあるなんて。。。 多くの信者から、永遠に寄付金を  
集めたい、神父らにとっては、ホント、邪魔な理論でしかないですからね。。。  

とにかく。。。 せめて、時間の概念だけでも、根底の、根底の、根底から、完全に消してしまいた
いんだけど。。。  

もう、脳みそを、相対性で一杯にして、より、質の高いメディテーションへと繋げたいのよね。。。 
そしたら、一気に、周波数をガーンと、上げていけるので。。。  

ですが、事実として、固体のニュートン・ワールドから、スピな概念と感覚を、徹底的に自分に 
叩き込むには、ホント、メディテーションしか、手段がないので。。。 

なので、修行としては、もうね。。。 ひたすら、メディテーションするしかないのよね。。。  
自分が、エネルギーそのものなんだと知るには、それしか、手段がないので。。。  

後は、その変性意識を、どれだけ向上させるか、しかないですから。。。  
でも、それでもいるんだよなぁ、ニュートン君。。。       

まぁ。。。 相対性理論が、彼の基本的概念を、木っ端みじんに粉砕するまでは、それ主流で、 
来てるんだから、仕方がないよね。。。 世界が、それに洗脳されてるんだし。。。 

もう、地味に、メディテーションを開発するしか、手段なしって感じ。。。 
それしか、自分という概念を消す方法ないしね。。。 

ホント。。。 無駄な洗脳だらけよね、世の中って。。。 
その殆どが、スピの邪魔になる洗脳ばっかよぅ。。。   

お陰で、再定義に困るテーマが結構、あります。。。 脳みそや、肉体って概念自体が、ホント、 
邪魔だしね。。。 もし、これがなかったら、すんごい能力、開花するのに。。。 

だけど、まぁ、それが修行なんでしょう、きっと。。。 

とにかく、メディテーションを徹底するしかないです、この世では。。。  
だから、ブッダもひたすら、座っておられたのよね。。。 





でもって、私は最近、発見したのよ。。。 聖書は、相対性理論をも含んでるんだなって。。。 

まぁ、それに関しては、後日にでも、改めようと思うのだけれども。。。 
とりあえず、簡単に、相対性理論のことを説明しようかしらね。。。 

何やら? バック・トゥ・ザ・フューチャー4 も公開予定との事ですし。。。 
私の敬愛する、アイン・シュタインの理論を、ざっと、お話しておこうと思うの。。。 

えーっと。。。 

1950年に、アルバート・アインシュタインが、相対性理論を発表するまでは。。。 世の中は、ニュー
トン力学で、回ってたのよ。。。  

だけど、空間は3次元ではなく、時間も独立した存在ではない、という相対性理論は、ニュートン力学を、
根底から覆す結果となった訳なの。。。 

時空連続体とは、時間と空間が密接に関連して、4次元の時空連続体を形成しているのだと。。。 

従って、時間を抜きにして、空間を捉えることは不可能で、なおかつ、その逆も同じであると、アインシュ
タインは、述べた訳なの。。。  

更に、普遍的な時間の流れなどは存在しないし、時間とは、直線的でも、絶対的でもなく、相対的なもの
なのである、と。。。   

これは、スピの修行者は、経験をもって、理解してると思うのだけれども、未だ、ニュートン力学な生き方
をしている人には、恐らく、ピンと来ないと思うのよ。。。 

だって、しょっちゅう、時計やカレンダーを見て、無意識状態で、すべきことをこなすだけで精一杯なんだ
から、そんなもの、体感的に味わってる暇なんか、無いですしね。。。 

でもって、その相対性は、例えば。。。 二人の観察者が観察する出来事に、相対的な異なる速度で運
動する時、異なる時間で、その出来事を順序づける訳で。。。 

つまり、空間と時間を含む、全ての大きさが、その絶対的な優位性を失うのだということなのよね。。。 
時間と空間は、共に現象を説明する手段に過ぎないと。。。  

だけど、さすがのアインシュタインも。。。 この先のレベルのことは、まだ気づいていなかったのよ。。。 
あの、イエス様は、気づいておられたのだけれども。。。 

それがね、なんと! 聖書に、出てくる訳なのよぅ。。。  

でもって、最終結論を、スピ的に平たく述べてしまえば。。。 実は、時間も空間すらも存在しない。。。 
すなわち、「無」 なのよね。。。   

それは、ブッダがいち早く、気づいてたのだけれども。。。 

ですが、アインシュタインは、ライトワーカーでも、ニューエイジでも、禅の修行者でもないので、勿論、
そこまでの理論で、十分な訳なの。。。 

ただ。。。 それよりも、ずっと前に書かれた聖書や、ブッダの教えが、先にそれを発見してたことが、 
面白いなぁ、と思って。。。 

まぁ、とにかく。。。 
相対性理論は、スピ的なカウンセリングにも、十分に役立つ理論でもあるし、 

ニュートン力学を根底から覆した、相対性理論による、フレームワークの変更は、本当に斬新としか、 
言いようがないのよね。。。  

なのに、なのに! その斬新な、相対性理論を、普段の個人生活の中に受け入れようとしない人が、  
まだまだ、沢山いて。。。 

でも、だからこそ、サイキッカーが少ない訳なのよ。。。 

だって、エゴは、ニュートンの法則の方が好きですからね。。。 もし、アインシュタインの言うことを聞
いたら、もう、ジコチューに生きられなくなっちゃうしね。。。 

だけどね。。。 
もし、皆さんが、自由な具現化をしたいと、心から思うのであれば。。。   

既に、ニュートン力学では、説明不可能な現象を、実は体験しているんだって事実を、知らなくては
ならないでしょうね。。。 勿論、無意識で生きてるから、気づかないんだけど。。。 

超感覚意識を開発したり、サイキックな世界を認識するのに、ニュートン力学の視点で、解釈しよう  
としていたら、まず、何も理解できないと、言えるでしょうね。。。  

大体、時間は直線的ではないですし。。。 
でも、その考えでいたら、天のサインを受け取ることは、多分、無理だと思います。。。  

ホント、ニュートンの考えを持ち出した瞬間に、   
アインシュタインと、スピな世界は、消えてしまいますので。。。  

ニュートン力学に染まった脳みそで、相対性理論の世界を理解しようとしても、 
それは絶対に、無理なのよね。。。 

だから、ここでも常に、縦の時間軸の概念を捨てなさい、と話しているのだけれども。。。   

それを捨てずに、サイキックに生きたいとか言う人が、多すぎて、困っちゃう。。。 
まぁ、それがエゴであり、ニュートン法則にしがみつく原因なんだけれども。。。 

何もせずに、最高のものを欲しがる、オコチャマが多いですよね。。。 

ですが、スピな経験は、ニュートンのシステムを超えたところに存在しており、少なくとも、相対性理論
の感覚、フィールド理論の感覚がないと、追求できません。。。 

時間の概念に関しては、ネイティブ・アメリカンには、時間とは、「今と、その他の全ての時間 」 の2つ
しか存在しないし。。。  

アボリジニには、「 過ぎゆく時間と、偉大なる時間 」 しかないのだけれども。。。 

これこそが、シャーマンの時間の感覚であり、ニュートンを超越した時間の概念なのよね。。。 
だから、それを理解しない限り、具現化を操ることは、出来ない訳なの。。。 

そして。。。 相対性理論の、もう1つの重要な意義は。。。 
物質とエネルギーは交換することが可能である、という認識。。。  

これは、物質は、エネルギーの1つの形態にすぎず、物質とは、エネルギーが減速している状態。。。 
あるいは、結晶化したものに過ぎないってことなんだけれども。。。  

我々の肉体も、エネルギー体である以上。。。 この理論をしっかり理解してないと、エネルギーの 
世界で、何かしらすることは不可能だし、周波数の意味すら理解できません。。。 

でもって、パラドックスについても、理解は不可能になっちゃうし。。。 
古い、二元的な考えから、脱出することも、不可能でしょう。。。 

人類は未だに、二元的な世界にどっぷりと浸かり込んで。。。 
それが、互いに補い合う、「見せかけだけの反対物の世界」 であることに。。。  

つまり、それは真の対性ではないということに、全く、気が付いていませんが。。。  





結局のところ、二元性というのは、人類を、「統一」 に駆り立てる為の、手段に過ぎない、ということです。。。 
それは、タオや、陰陽道でも、学べるのだけれども。。。 

ワンネス (統一) を理解するには、トゥーネス (二元性) がなければ、無理だってことですね。。。 
そのことは、聖書でも、最初に書かれていますよん。。。 

要するに、皆さんはずっと。。。 愛と憎しみだの、善悪、優劣だのの二元性で、わざわざネガやエゴを  
作り出し、苦しんでますけど。。。 

その二元性は、単純に、ワンネスを理解する目安でしかないってことなので。。。 

まず、それに気づかない限り、永遠に苦しみ続けるでしょうね。。。 
わざわざ、自分から、極論から、極論へと、自己同一化していってますので。。。 

なので。。。 「二元性を超越した、ホログラム」 の世界で遊ぶには。。。 

やはり、多くのことを学ぶ必要があると思いますし、まず、ニュートン力学から、意識的に離れる努力を
した上で、相対性理論も、理解せねば、ならないでしょうね。。。  

まさか、相対性理論が、煩悩をなくす手助けになるとは、誰も思ってないでしょうけど。。。 
ブッダも、イエス様も、とうの昔に、気づいておられた訳です。。。 

イエス様の復活なんて、まさに、相対性理論のその先にあるものだと思いますしね。。。 
一方で、心の力学でしかない訳で。。。 

まぁ、その辺を理解したいなぁ、と思われる、スピ初心者の御方は。。。 
とりあえず、バック・トゥ・ザ・フューチャーを、繰り返し、見倒して。。。 

時空や時間の概念。。。 時空連続体の感覚を、身に着けて頂ければと思うかな。。。 
単純な感覚を掴む、お手本としては、非常に良い作品だと思いますしね。。。   

うーん。。。 それにしても、バック・トゥ・ザ・フューチャー4、楽しみですよね! 
やっぱり、好きだわ、マーティンも、ドクも、デロリアンも。。。 

そして、ビフも。。。  

・・・ってな具合で、今日は、ニュートン君の残骸と戦う、私の修行のお話で、ございました!  
もうね、ホント、肉体の概念が、邪魔なのよぅ。。。 

これさえなければ、シフトアップするのに、すんごい近道なんですがね。。。 

でも、これこそ、陰陽世界に生まれ落ちた宿命ということで。。。 
これからも修行、頑張りまーしゅ。。。  




それでは、今日はこの辺で、霞をかけようかしらね。。。  
皆様もぜひ、アインシュタインとお友達になって下さいねっ! (๑¯∇¯๑)ハハハ    

では、またね。。。 んだばよぉぉ~~、ダスヴィダーニャ!   
ぱぁああぁあ~~~♡♡♡   






スポンサーサイト
最終更新日2018-02-02
Posted bymilagros*

Comments 1

There are no comments yet.
ガーベラ  

メディテーションという言葉の意味が分からなかったので調べると瞑想ということでした。以前から瞑想についてするように教わっていますが、間違っているエゴの考えだと、自分を見失ったり、無駄な時間を多く過ごしている状態なのだと思いました。

物質的なものに価値を置いていると、精神世界のことがサッパリ分からなくなっていて、瞑想とは、自分の内側の声を聞くようなイメージだから、大切な何かを発見出来たりするのかなと思いました。

あと、私は学んでいないので、知らないことが沢山あるし、分かっていないので、それだけ苦しむ内容も多いと思います。
学んで知るから、怖くなくなるということだったと思うので、最初、怖かったり勇気もいるだろうけど、ポジティブで過ごしていこうと思います。

2018/02/03 (Sat) 01:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply