Welcome to my blog

ALPHA にして、OMEGA*  ― 自分に自信を持つには ― 

milagros*

milagros*

pplsquareamg_2.jpg





えーっと、今日は。。。 エゴやネガに振り回される、悲劇の子供たちの、「知覚のレベル」 を超えて。。。  
スピ上級者が到達する、「確信のレベル」 へ行くプロセスのお話をしようと思うの。。。  

つまり、自分自身に対し、「真の自信」 を持つには、どうすれば良いのか、というお話なんだけれども。。。  
何かしらの参考になりましたら、幸いで、ございます。。。  





煩悩に振り回され、苦悩する人々と言うのは。。。 まだまだ、知覚レベルの彷徨い人であり。。。 
悟りに必要な、「知識のレベル」 には程遠く。。。 それ故、苦しみも消えないのよ。。。  

どんな事であれ、何かを知ることが出来るようになる為には、まず、知覚のレベルで、十分に経験学習を
しなければならず。。。 多くの方が、このレベルで右往左往しています。。。 

下手すれば、それだけで、一生が終わってしまう人も、多くいますし。。。  
それだけ多くの人々が、知識なしに、知覚のみで、人生を渡っていけると奢っている証拠なのよ。。。  


しかし、 知ることは、確信すること  であり。。。   

確信がないということは、知らないということ   なのよ。。。  


つまり、スピの世界では。。。 知識は、確信であるが故に、力であり。。。 
従って、確信は、強さなの。。。 

一方、知覚は、非常に一時的なものであり。。。 時空間に対する、信念の一属性である為、恐れ、ある
いは、上辺の愛もどき・・・によって、支配されます。。。  

そして、誤った知覚は、恐れを生み出し。。。 真の知覚は、一応の、愛を育みます。。。 
ですが。。。 いずれも、確信を齎すことは、ないのよ。。。 

何故なら、全ての知覚は、容易に、様々に、変化してしまうからです。。。  
でもって、知覚が、知識でない理由は、ここにある訳なの。。。  

真の知覚は、確かに、知識の土台となり得ますが。。。 知るということは、真実の確認であり、あらゆる
知覚を超越しています。。。   

皆さんが経験する、困難の全ては。。。 皆さんが、自分自身を認識せず、周囲の人々も認識せず。。。 
無論、宇宙も認識しない、という、「無意識状態」 の事実から来ています。。。  

認識する、ということは。。。 「再び、知る」 ということであり。。。  
皆さんが以前から、知っていた、ということを暗示します。。。  

しかし、知覚には、解釈が含まれる為。。。 個人的な都合解釈も含め、皆さんには物事が、非常に多種
多様に、様々に見えます。。。  でもって、これが妄想にも、なる訳なのですが。。。   

それは、知覚が完全なものではなく、首尾一貫したものでもないことを意味しています。。。  

つまり、知覚は、様々に変化し、揺らぐので。。。 
決して、皆さんの自信には、繋がらないのだということです。。。 

ですが、奇跡は、知覚の1つの方法であり、知識ではないのよ。。。   

それは、疑問に対する正しい答えではありますが、 知っていれば、そもそも、疑問を発することすら
ありませんので、知識を基にした、信念や確信が呼んで来る、知覚なのよね。。。  





そして、妄想や、幻想に対して、疑問を発することが、 それらを解除する為の、第一歩です。。。 
奇跡そのものと、あるいは、その疑問に対する正しい答えが、妄想や、幻想を修正します。。。  

従って、適切な知識は、やはり、必要ですよね。。。 勿論、ここで言う知識とは、悟りに必要な知識、
スピの知識のことですが。。。  

これなくして、何が妄想なのか、どんな疑問を持つべきかは、分かりませんし。。。 
何が、その疑問に対する、正しい答えなのかも、判断できません。。。 

まして、真の自信を持つことなど、不可能です。。。  

それに、皆さんが思っている自信というのは、実際は、自信ではなく、見栄の1つですし、それには、
天との繋がりがありませんので、すぐに、打ち破られるでしょう。。。 

そういう意味でも、正しい知識を持つことが、基本中の、基本と言えますし。。。  
宇宙の知識なしに、正しい疑問や、エゴではない確信を持つなど、あり得ないので。。。  

どんな出来事にも、どんな恐怖にも、揺るぐことのない、不動の自信をつけるには。。。 
スピを学び、悟りを開くしかないのよ。。。  

それに、知覚は、変化するものですから、常に、時間に依存していますし。。。   

いつ、如何なる時であれ、皆さんが、どのように知覚するかで、何をするかが、決定されますから。。。  
行動は、時間の中で、起こらなければ、なりません。。。  

よって、知覚のみに頼る生き方というのは、常に、不安定であり。。。 それ故、いつも幻想に振り回され、  
エゴやネガ、余計な時間を生むことになり、一向に、自信も持てないのよね。。。  

ですが、知識は、時間を超越しています。。。   
何故なら、確実なものには、疑問の余地がないからです。。。  

つまり、知識があれば、疑問が生じる前に、答えを知っている訳だから、時間が生じないのよ。。。  
悩み苦しむ時間を省略し、それをそのまま、具現化させれば良いのだから。。。   

スピの修行者には、多くの時間は、発生しないのよね。。。 
まぁ。。。 これも、相対性なんだけれども。。。  

とにかく、人というのは。。。 疑問を発するのを止めた時、何かを知るのよ。。。   
でもって、それが、パラドックスなんだけれども。。。 

要するに。。。 

知覚のみで生きていると、妄想や幻想に対して、疑問を持たねば、それを解決できないが。。。 
予め、それらの知識を持っている人は、疑問すらわかないので、時間も、ネガも生じないって事ね。。。 

そして、その知識が、既に確信であるならば、もう恐れる必要すらない訳で。。。   
そういった、悟りの状態が、煩悩のない世界であり、揺るぎない自信って事なの。。。 

でもって、苦悩する為に、無駄に時間を生み出すことがない、「今に生きる」 状態ね。。。 
まぁ、これが。。。 心と時空の関係性なんだけれども。。。 

煩悩を発するマインドは、それを、過去や未来などを行き来し、時間の中で、知覚しますから。。。 
ずっと、ずっと、過去の疑問を引きずり、未来の答えを、探そうとするのよ。。。 

ですから疑問や、不安は、一向に止まないし。。。 それらが発生している間、無駄に時間が発生し、 
良からぬ妄想が、エンドレスで、展開されます。。。  

そして、この妄想世界が、1つの空間って訳です。。。  
人は、そのようにして、天とは別の、独自のネガ時間と空間を生み出す訳なのよぅ。。。 

そして、そこに迷い込み、出られなくなるの。。。 

閉ざされたマインドは、常に。。。 もしかしたら、未来は、現在よりも酷いのではないか、過去と同じ
ような苦痛を繰り返すのではないか、という、深い恐れを抱いているので。。。  

知覚のみで生き、知識を持たない人は、ずっと、恐れの時間を無駄に生じさせることになり。。。 
その間、解決策もなく、ひたすら、自らの不安や疑問に、打ち震えることになるので。。。 

疑問を止めるどころか、更に、深めることになってしまい。。。 
一向に、答えが得られないのよね。。。  

故に、どんどん、益々、消極的になり。。。 何をするにも、自信がついてから、と言い訳して、 
更に、無駄な時間と、妄想空間を、押し広げていくのだけれども。。。  

自信というのは、「確固たる信念、不動の確信に繋がる、絶対的な知識」 によってしか、決して、齎さ
れることはないので。。。 ( すなわち、宇宙の法則 )  

何も出来ないままで、何年も、何年も、無駄に苦しみ、浪費する時間があるなら。。。  
しっかりと、スピを学んで、悟りを目指すことです。。。  

完璧に知っていることこそ、確信 ですから。。。  

知りましょう、どんどん。。。 宇宙の、ありとあらゆる仕組みをね。。。  
知れば、怖くないのだから。。。 勉強ぜよ、お勉強。。。  

自宅のトイレの場所を知っていながら、迷い、彷徨い、トイレは何処なんだ、と苦しむ訳ないのだから。。。  
知っているなら、疑問も、不安も、生じないのよ。。。 コレ、基本です。。。  

勿論、結果や結論のみ知るのではなく、プロセス全体を把握し、説明できねばなりませんが。。。  
そうでなければ、知っている、とは言えないですからね。。。  

だから、結果だけ欲しがっても、意味ないのよ。。。 それでは、知らないのと同じですから、煩悩は消え
ないし、自信なんて、つきません。。。  

幼稚な人は、心を変えず、知識量を増やさずに、上辺の行動だけを美しく整えることに、必死ですが。。。  
それ自体が、無駄な行動と、時間なのだと、自覚しましょう。。。  

シテクレ、シテクレの幼児回路の人の、思考回路は。。。 して貰うことで頭が一杯な為に、誰が何をして
くれたか、とか。。。 自分は何をせずに済んだか、など。。。 

上辺の行動にしか、意識を向けられませんが。。。  

変えなけばならないのは、心であって、上辺の行動ではないのよね。。。  
だから、ナニナニすればっていう、方法論の次元じゃないのよ。。。  

というか、心を変えずに、上辺の行動を美しくすることが、騙し行為なの。。。  
エゴは、死んでも、それを理解しようとしないので、なかなか、気づけない人が多いですが。。。  

スピとは、あくまで、精神世界であり、心や魂のお話なので。。。   
エエカッコとか、ハナから、関係ないのよね。。。   

故に、知識を蓄え、心を入れ替えるまで。。。 そういった幼稚な人から、煩悩は消えないし。。。  
精神年齢が、低いのに、大人の世界で自信満々になれる訳がないということを、自覚しましょう。。。  

でないと、スタートラインにすら、立てませんので。。。  
取る行動を良くするのではなく、自分の心を変えるんだって自覚を、持って下さい。。。  

知覚だけで生きている人と言うのは、「目に見える部分だけ」 しか、扱おうとしない為。。。  
故に、見た目の行動のみに、注意を払えばいいんだと、すんごい短絡思考をしますが。。。  

スピリチュアルとは、むしろ。。。 「目に見えない世界」 のことなので。。。   
そこを理解して貰わないと、先がないのよね。。。  

だけど、誰もが。。。 瞑想をすれば良いだの、あれをすれば、これをすれば、と、方法論ばっかに
囚われて、肝心な、自分の心については、洞察も、改善もしないので。。。  

ホント、意味がないのよね。。。 悪しき心で、どれだけ綺麗事を語り、理想的な振る舞いを演じた
ところで、あなたが引き寄せてくるのは、悪しき心に見合った現実です。。。  

それを何故、理解できないのか、サッパリ、分からないのだけれども。。。  
外見ではなく、中身を変えて欲しいのよね。。。 中身を充実させるべきなの。。。  

それが、学びであり。。。 そこへ到達させるものが、知識なのよね。。。  
でもって、質の高い知識が沢山、詰まっている人に、「確信」 と、「煩悩のない世界」 が訪れるのよ。。。  

まぁ。。。 それが分からないから、幼児回路なんだけれども。。。  
どうにかして。。。 心を変える必要性を、真剣に感じて貰わないとねぇ。。。   

これも、何度も、何度も、言っているのだけれども。。。  
何故か、全員。。。 理解してないです、ハイ。。。  

なので、どれだけ長年、教え続けても。。。 未だ、エエカッコしては、それを褒めろと言ってきます。。。  
というか、その心理を、変えましょう、大人にしましょうって、話なんだけどにゃぁ。。。 

うーん。。。 いつ、理解するのやら。。。 先が見えません。。。 





とにかく。。。 自分自身をよく知り、自分自身に確信を持つことによってのみ。。。  
悟りが開かれます。。。 つまり、天を知ることによってのみ、です。。。  

従って。。。 確信の対象は、常に、宇宙の法則だという事になります。。。   
勿論、神でも構いませんが。。。 その信念により、自己も確立します。。。  

知識は、知覚や、時間よりも先に存在しているものであり、究極的には、それらに取って変わります。。。  
それが、アルファにして、オメガ。。。 始めにして、終わりを意味するのだけれども。。。  

とにかく。。。 知覚は、安定させなければなりませんが、 知識はハナから安定しています。。。  
宇宙を知り、宇宙の確実性を受け入れることは、それ以上のない、安定なのです。。。  

不信感は、あらゆるものを、誤って知覚し、間違った判断、妄想へと、陥らせます。。。  
このように、誤った知覚は、恐怖や、ネガしか、生み出しません。。。   

だからこそ、正しく知覚を安定させ、なおかつ、宇宙の確実性の知識を、取り込まねばならないのよ。。。  
それが、宇宙への信頼であり、自分への信頼で。。。 そこに、確信が生まれる訳だしね。。。  

いずれにしろ。。。 宇宙の創造物は、最初から、ポジティブです。。。  
それを、わざわざ、疑い、捻じ曲げたものを、具現化させるから、不幸になるのよ。。。  

そして。。。 自由な具現化や、奇跡は。。。 宇宙への信頼と、確信から生まれるの。。。  
でもって、その状態が、悟りです。。。  

なので、確信がないうちは。。。 ずっと、苦悩することになりますよ。。。  
それをも、最初から、受け入れることですね。。。  

いずれにしろ、無知なままでいて、祓える煩悩はないですし、持てる自信もないのは事実。。。  
清い、偉大なる知識で、自分の心を自在に操れるようになるまでは、苦しみはついて回ります。。。  

なので、日々、勉強ですね。。。 そして、学んだことの実践。。。 修行です。。。  
それが、あらゆる全てへの信頼と、確信に繋がるまで、永遠に続くのよ。。。  

でもって、その確信こそが、無条件の愛、赦しの状態です。。。  
より多くの知識をつけ、数々の実践を超えて、そこへ到達しましょうね。。。   




・・・という訳で、今日は、この辺で、霞をかけようかしらね。。。   
日々、知識を増やし、心の鍛錬と、瞑想を続けていれば、みるみる、人生が好転しますよん。。。  

それでは、またね。。。 んだばよぉぉ~~、ダスヴィダーニャ!   
からだすぅこやぁかぁちゃぁぁ ダァブゥルゥゥゥゥゥ~~↑ ✧  






スポンサーサイト
最終更新日2018-02-07
Posted bymilagros*

Comments 1

There are no comments yet.
ガーベラ  

私には、お話が難しく思えたのですが、思ったことは、自分に自信を持つとは、自分の心について注目する考え方を持って、ただたんに、心について無視したまま、取る行動だけを綺麗に見せるだけでは自信もなにも付かなくて、

逆にそんな自分を自分の深い部分が良く見ているから、罪悪感を溜めこんで、ネガティブを強化して自分で自分の首を絞めているという状態にしているのだと思いました。

常に、心について注目しないようにしているのは、自分が悪いという事実を認めたくないからで、エゴを押し切って、その時だけが良ければそれで良いとか、自分が良ければそれでいいとか、損得勘定をし続けている状態がどんどん自信を失っているのだと思いました。

だからといって、どのようにして心について取り組んだら良いのか具体的に良く分かっていないのが本当のところで、分かっていたならば、やっているのだし、だから、自分が正しいとして知識を得ようとしないというのは、ずっと分からないままに自分からしている状態なのだと思いました。

2018/02/07 (Wed) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply